サイトマップ欧州・アフリカアジア南北アメリカ日本国内食べ歩き・泊り歩きトリビア

african_hr_2.gif

 

   

トップ ページ 
物流用語集 
物流とロジスティックス 
マイボート 
愛艇 
釣用語集 
飛行機の用語 
酒々井町 
人形町と日本橋 
古い映画再鑑賞 
シェルティー 
あざなえる縄のごとし 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マ イ ボ ー ト

波の穏やかな日は ひねもす海の上で

 

釣りには どんなボートでも使えます。ただ 釣り物と釣り場、天候などで それぞれ一長一短があります。 

エンジン付きゴムボート、カートップボート

小型の船外機を付けた ゴムボートや 自動車の屋根に載せて運搬できるカートップボート

は、なんといっても手軽に移動出來 どこでも釣りに出れる点が圧倒的に優れています。

天気が良く 並みの穏やかな場合は 他のボートにまねの出来ない長所が有ります。

小型で軽量ですから 波には弱いので、陸から 2−3キロの範囲で楽しむべきものでしょう。

船外機全体を跳ね上げる事が出来るため、浅瀬でも気にせずに使えます。

 

15フィート程度以下クラスの小型船

釣り用にもっとも利用者の多いタイプです。

運転席を覆う屋根の無い いわゆるモーターボートスタイルのランナバウトタイプや小型漁

船のような和船タイプが一般的ですが、船首部分の下に カディと称する荷物スペースの有

るタイプもあります。大半が船外機を使っていますので、スクリュウに何か巻きついても 

除去が簡単です。

 

16フィート〜20フィートクラスのフィッシングボート 

小型ボートのなかで もっとも利用者の多いタイプです。

船外機タイプが多く、運転席が屋根に覆われていないオープンタイプ、和船タイプとセンター

コンソールの付いたものとハードトップの付いたものもあります。

船体前部の下側に 簡単な就寝スペースと トイレスペースを設置したものも多くなります。

このクラスになると それなりの耐候性と波風への対応力がありますから、釣り場はずっと

広がります。

 

21フィート〜25フィートクラスのフィッシングボート 

小型ボートのなかで いわゆるクルーザーに近い雰囲気が出てくるクラスです。

船外機タイプとアウトドライブタイプの両方が多く、運転席は屋根に覆われたキャビンタイプ

が大半です。当然 雨風に対応でき 日本の気候では 出航回数の制限が少なくなります。

船体前部の下側に就寝スペースと トイレ室を設置したものが多くなります。このクラスは 

耐候性と波風にだいぶ強くなり、岸から かなり離れた釣り場にもずっと楽に行けます。操縦

席の周りを歩いて通れるウォークアラウンドタイプであれば、釣り座も いろいろ選べ釣りの

幅も広がります。

 

26フィート〜35フィートクラスのクルーザー 

クルーザー的な雰囲気の強いタイプと もっぱら釣に目的をしぼったフィッシングクルーザー

が有ります。大型船外機の2機架けもありますが、エンジンを船体内に設置した アウトドラ

イブかシャフトドライブが増えてきます。船体重量も増え 安定感が出てきます。燃料消費量

も大幅に増加するため 大型船ほど 燃料の軽油が安く燃費の良いディーゼルエンジンが

大半になります。 キャビンの上に運転席を設置した いわゆるフライングブリッジの付いた

タイプも有りますが、横風の影響を受けて流されやすいため、外洋に出てカジキマグロなどを

トローリングするような釣り用には向いていますが 底釣りなどには、あまり向いているとは

言えません。

 

エンジンのセッティング 

エンジンとスクリュー(プロペラ)の付け方によって 大きく3種類に分けられます。 

      1 船外機(アウトボードモーター)

      2 インアウトドライブ

      3 インボードシャフトドライブ  

   船外機タイプ 

小型のモーターボートによく見られる構造で、船体の後ろに エンジンとスクリューが一体化

した 船外機ユニットを取り付けます。軽量で回転数も上げやすく 船外機全体を跳ね上げ

る事が出来るため、浅瀬でも利用でき、スクリュウに何か巻きついても 除去が簡単です。  

 

  インアウトドライブ 

エンジンは船体内に配置し 跳ね上げ可能なスクリュー部分を船体外に設置します。

エンジン部分が船体内に有るため 大型のエンジンも設置出來、ドライブが分離しているた

め、船外機同様 トラブルに対処しやすい利点があります。

 

  インボードシャフトドライブ 

大型の船舶と同様の構造で 船体内にエンジンを設置し。エンジンと接続したシャフトでスク

リューを回転させます。機構がシンプルなため 故障も少なく、船体中央部に重量の有るエ

ンジンを搭載するため 安定感が有り、どのような大型船でも利用出来ます。

 

パワーボートの船としての性能や 性格は このエンジンとドライブの設置状態で、まず

決定されます。 次に エンジンの形式が 大きな問題です

  2サイクルガソリンエンジン 

小型の船外機によく利用されています。

機構が簡単で 安価であり、小馬力 高回転のものが多くみられます。 

 

  4サイクルガソリンエンジン 

従来インアウトドライブに利用されていましたが 最近 大型の船外機にも使用されています。

機構は少し複雑ですが、運転音が静かで 燃費が良くガソリンに潤滑油を混ぜる必要が有

りません。

 

  ディーゼルエンジン 

プレジャーボートに限らず 大型船舶はすべて このタイプです。 

軽油を使うため 燃料代が安く、ディーゼルエンジンの特質として燃費が良いためにモータ

ーボートの世界でも大型クルーザーに利用されます。

またディーゼルは いったんエンジンがかかってしまえば、ガソリンエンジンのような発火装

置は必要無いため 電気系統のトラブルが きわめて少ない特徴を持っています。 

最近では 小型の船外機タイプも利用され始めています。 

 

船釣りに欲しい電子艤装は GPSと魚探とレーダー

   

  GPS

 

最近 カーナビが普及しましたが もともと 船や航空機のGPS用に開発されたものが、自

 

動車用 に変化したものです。原理は全く同じで 米国が軍事用に開発した 衛星を利用し

 

た位置測定システムです。ただし 船用のGPSは 車用のものとは 以下の点で異なってい

 

ます。

 

  地図範囲   

 

船専用ですから 陸上の地名その他は ランドマーク(目標)として必要な 最低限の地名な

 

どしか載っていません。 変わりに 水深や海に浮かんでいる航路標識などが見えます。

 

  位置記憶   

 

船の航路記憶や 魚の釣れたポイントなどの記録機能が充実して います。

 

また位置情報も 東経XX度  北緯XX度 といった表示が基準です

 

 

   魚探(魚群探知機 )

 

超音波を発生し 海底に向かって発射して 反射して帰ってきた超音波によって 画面上に

 

水面下の状態を表示します。一般に 海底部分が はっきりした赤で表示され、その倍の水

 

深のところに 二重反射した海底の虚像が薄く表示されます。

 

魚に当たって反射された像は 赤色で表示され その大きさと形、水深によって魚の種類が

 

有る程度推測できます。船に設置した発信機からまっすぐ海底を探査しますので 現在の

 

真下の情況は 画面右端部分になっており 画面の中央部は 過去に通過した海底部分を

 

表示して いるのですが,誤解しやすいものです。

 

 

  レーダー

 

これまた もともと軍事用に開発されたものです。

 

回転するアンテナから超短波の無線を発信し、反射された電波を受信して陸地や他の船舶

 

の 大きさと距離・方向がしめされます。従来は小型レーダー専用の免許が必要だったり、

 

比較的高価だったため プレジャーボートなどでは クルーザークラスしか利用されていませ

 

んでした。

 

ライト トローリング

ローリングと言うと  ごついトローリング用の竿と どでかいリールを使った TV番組で良

く見るカジキマグロ釣りのようなものばかりを想像する方が多くいらっしゃいます。

実際には ごく手軽な道具で トローリングの楽しさを体験する事もできます。

 

一例  普通のルアー竿を使った ライトトローリング

まず シーバス用などで使われる ルアー竿を 1本用意して下さい。

とくに仕様は 限定しませんが、どちらかと言えば 固めの あまり長く無い竿が 使いや

すいと思います。リールは 大きめな スピニングリールが使いやすいです。

巻き糸は 7,8号位の丈夫なナイロンを いっぱいに巻いて下さい。

この釣りは 使うルアーによっては 巻き糸に 強烈な撚りがかかってしまいますので、

糸の先端に 丈夫な寄り戻しを結んで下さい。寄り戻しの先には 先糸として20センチ程

度のナイロン糸をつなぎ  その先端に ルアーを結びます。ルアーは その日の狙いの

水深によって カウントダウン系のものや軽めのジグなどを選択します。

釣り場へ着いたら 4ノット程度を維持しながら、ルアーを水に入れ、30〜50m程度伸ば

して 竿を 竿掛けなどに固定します。

これだけで シーバス、ハマチなどを釣ることができます。

マイボートでしたら 両方の舷側に 2本のルアー竿を出し、

船尾中央から 飛行機仕掛けなどを短い状態で流すこともできます。 

 

  トローリングで難しいのは 中層・底層の魚を釣ることです  

表層にいる魚を 曳き釣りする場合は 飛行機と言われる釣り具や バクダンという道具

にルアーを曳かせて水面上にたつシブキや音で 魚の注意と好奇心を利用してルアー

に食いつかせます。

一般に ボートでルアーを引っ張ると ルアー本体は どうしても 表層へ浮かんできてし

まいます。カジキマグロのような 表層を高速で走る餌に食いついてくれる魚は良いので

すが、中層 または底で 獲物を待っている魚や、時間帯として 表層にはいない魚をね

らう場合はこれではダメです。この解決策でよく利用されるのが ダウンリガーと グミ  と

潜行板 です。ダウンリガーと グミ(または ビシ)は ルアーの手前に重量を付け 海面

より下へ ルアーを沈める事を狙い、潜行板は 板の水流に対する抵抗で 板そのものを

水面下に潜らせ その水深でルアーを曳くことを狙っています。

グミ(ビシ)仕掛けは 昔から 漁師さんが使っていた仕掛けの一種で、道糸そのものに 

一定間隔で おもりを固定し、道糸そのものの重さで 海中に沈めます。

グミ とは そのおもり のことで、いろいろな大きさや重さが有ります。

薄暗い朝まずめ時には海の表層付近にいた魚も、しだいに日が高くなるにつれてその

遊泳層が深くなります。下層へ潜った魚を釣るには、仕掛けそのものをグミ曳き仕掛けに

よって深く下ろし、中層を曳いた方が高い釣果を得られます。グミ曳きで釣れる魚種も

様々で、ヒラメ・スズキ・イサキ・サバ・サワラ類・マグロ類 ( メジ・キメジ ) など、小魚を捕食

する回遊魚の多くはこの漁法で捕れます。

グミ曳きセットに使用する弓角と呼ばれる仕掛けも様々なものがあります。

グミ曳き仕掛けにも いろいろなバリエーションがあり、ヒコーキ曳きグミなど海面から各層

をカバーして6〜7本の仕掛けを曳いて効率良く捕ることが出来ます。

 

ダウンリガーは 欧米の仕掛けですが、大きなおもりを水中にセットし、その重りの沈んで

いる層を中心にルアーを曳きます。

 

  <ブローバック>

ブローバックとは、ウェイトの上昇率のことで 船速・ウェイトの重さ大きさ・仕掛けの深さ、

ラインの太さ等により変化します。

  <セットバック> 

セットバックとは、ラインリリースからルアーまでの長さのことで、長い方が有利ですが、あま

りに長過ぎると操作上問題が有り 10m以上が通常と思います。

  <ドロップバック>

ドロップバックとは、ラインリリースとロットまでのラインの弛みをいいます。

ヒットした時にあまり弛みが大きいとフッキングのタイミングがずれて魚がバレますので、

ヒット率に大きく影響しますので、出来るだけ少なくなるよう工夫をします。

 

潜行板は 板の水に対する抵抗で 潜らせます。

板の形状には いろいろ有りますが、道糸の結びつける位置で 潜る深さが調節出来ます。

潜行板の場合は 魚が掛かると 潜行板が水面に浮かんできます。

 

シーバス用ルアーの定番 

 

   カウントダウン

 

        東京湾奥で フッコ(シーバス)を狙う時は まず これを試します。

 

      上の2つと 下の右側は CD-9     下左側は CD-1 1

 

 

  魚の目先を変えるなら  

             シーバスの食いの悪い時 目先を変えて こんなルアーで誘ってみます

 

 

   大物ねらいなら  

             フッコの大型や 思い切ってスズキクラスに的を絞る時に使います。

             いづれも フィンランド ラパラ社製です

 

 

観 天 望 気

    海では天候悪化は命取りになります。いろいろな言い伝えを 抜粋してみました。

 

  ◎雨になる

月に傘がかぶる場合は雨

朝の虹は雨

波の音が良く聞こえる場合は雨

ものの響きが近くで聞こえる場合は雨

巻雲は雨

高積雲は雨

雨蛙が鳴くときは雨

魚が水面に口をだして呼吸する場合は雨

燕が低空を飛ぶ場合は雨

猫が顔を洗うしぐさをする場合は雨

 

  ◎晴れになる、天候悪化しない

夕焼けは晴れ

積雲は晴れ

夕焼けは晴れ

南風が陸上に吹き込んできても雨は降らない

西風は日暮まで

 

  ◎強風、天候悪化

東の風は天気が悪くなる兆し

南の風は止むことを知らない

海鳴りは天気の急変

星の瞬きは強風の兆し

海鳥が河口に群れる場合は天気の急変

 

 

 

teatime.gif

[トップ ページ][サイトマップ][欧州・アフリカ][アジア][南北アメリカ][日本国内][食べ歩き・泊り歩き][トリビア]