メキシコ

 

 

トップ ページ 
グランドキャニオン 
クラシックカー 
クラシックカー 2 
東海岸クルーズ 
イグアス 
キューバ 
ヨセミテ・セコイヤ 
ナスカ 
メキシコ 
クスコ 
マチュピチュ 

 

 

 

 

 

サイトマップ欧州・アフリカアジア南北アメリカ日本国内食べ歩き・泊り歩きトリビア

african_hr_2.gif

色 彩 と 遺 跡 に あ ふ れ た 国  メ キ シ コ

マヤ、トルテカ、アステカ・・・ メソアメリカの遺跡を回ってきました。

 

エジプトでもなく インドでもなく 中国でもなく 独特の古代文化を感じます。

 

われわれと同じモンゴロイドといわれる原住民たち

 

現在のメキシコの人々は 85%が スペイン人との混血だそうで、それぞれの 混血割合によるのかどうか

 

ひとびとの顔立ちが 本当にさまざまですが、人懐っこい笑顔には ホッとさせられます。

 

その色彩、デザイン感覚には 独特のものが有りました。

 

どの観光地も ツアー客が少なく 特に 日本人には ほとんど会いません。  

 

   メキシコの玄関口 空港

 

 スペイン統治の「面影を残す重厚な建物

 メキシコ独立のモニュメント

 

 軍政を感じさせる展示物

 かってのメキシコの富を感じさせる教会

 教会内の装飾は 豪華金襴

 世界遺産 テオティワカン

 

 

 

 メキシコ最大の古代都市遺跡

 

 中段までの登頂が許されている 「月のピラミッド」

 

 

 太陽のピラミッドの手前は 土産物店がスラリ 

写真で見て想像していたより はるかに急階段 

 

しかも 踏み幅が狭く、段差が高い!

 

特に 下りは 手すり無しでは ちょっと怖い感じ

 「月のピラミッド」 から まっすぐに 「死者の道」が伸びており

 

 左側には 「太陽のピラミッド」 

 

 左右に 延々と 遺跡群が連なっています

「太陽のピラミッド」

頂上に見える ケシつぶのようなものが 人間です

 国立人類学博物館

 最も貴いとされた ヒスイでの仮面

 

 アステカのシンボル

 「太陽の石」  直径 3.75m  重量24トンという巨石

 別名 アステカカレンダー とも言われる

 

 現地の雑貨店で購入した 寄木細工の アステカカレンダー

 木の材質を選んで色を変え 台木に埋め込んだもの。 

 直径 42cm弱、厚さ 4cm弱で それなりに重量感あり。

 いったい 何時間かけて作ったんだろう

 

 

 

 グァテマラの国鳥 ケツァールの羽で作った 王の冠

「常春の町」 クエルナバカ の絶景レストランからの風景

故ケネディ大統領も ここで食事したとか

世界遺産 ポポカテペトル山腹のカテドラルが見えます

 

 

 

 ホテルも併設されてました

 

 「銀の街」 タスコ

 街中の道が極端に狭いため タクシーの大半は

 旧型 フォルクスワーゲン!!

 しかも マークは 「日の丸」!!

 

 

 

 ワーゲンタクシー

 2ドアのため 助手席を取り払っています。

 後部座席に 大人3人が限界

銀山開発で財をなした人間が寄進した サンタブリスカ教会

 

 

 教会内の 祭具保管室

 床のフローリング材が 面白い貼り方をしてあり

 どうみても 凸凹にしか見えないが 水平です

 

 世界遺産 「メキシコ国立自治大学」のキャンパス壁画

 

 

 国内移動では 3列シートの小型機で

 

 メキシコシティ空港から ヴィジャエルモ空港への

 機内から撮影した いわゆる 「メキシコ富士」

 ポポカテペトル火山 と すぐそばから上がる噴煙

 

 ポポカテペトル火山 近傍の クレーター状の湖 

 

 

 

 

 巨大な板根の発達した樹木

 表土層が薄く、地中深くまで 根を伸ばせないからか

この巨石柱で囲まれた中に

ジャガー(ピューマ?)を飼っていた??

 

 

世界遺産 「カラクルム遺跡」

パレンケ から バスで片道 5時間もかかるため

観光客は少ない

 

 誕生日にちなんだ石製のペンダントを売る少女

 

 他国の物売りと違って おっとりしていて しつこくない

 

 モデル代代わりに 2個購入

 

 合計 20メキシカンペソ (約 200円)

 

 

 

 

 

 

 

 建築学でいう いわゆる マヤアーチ

 ヨーロッパやイスラムと異なり 本来のアーチ構築の技術を

 持っていなかったため 石材の持ち送りで構成。

 

 中南米で定番の ジャカランダ 

 もう少しで 最シーズンだったそうですが

 これでも 充分満開の感じ

 

 

 

 

  「サ・クベ」 と呼ばれる マヤの道

 昔のメソアメリカ文明の道路は 白い表層で覆われて

 いたそうです

 

世界遺産 「ウシュマル遺跡」

 

 

 

 

 

 

 マヤ人一般家庭 ?? との ふれこみだが・・・

 人なつっこい笑顔は 素晴らしいし、商売気は全く無いが・・・

同じく マヤ一般家庭台所での調理法

トウモロコシの粉を クレープ状に焼いて主食とします。

 

 

 世界遺産 「チチェンイツァ」 の ピラミッド

 マヤ文の最高傑作と言われるだけあって 大観光地

 

 

 

土産物の露店が 無数にあります

 

陶器のいろどりは メキシコならでは

 

それにしても なんで ドクロが多いんだろう

 

 

 

 

 「戦士の神殿」

 

 

 

有名な 「セノーテ」

泳いでいる 観光客

地表からは 10m以上降りた位置に 水面が有ります

 

 

 

  観光客が水面に浮かんで

  放心状態

 

 

「トゥルム遺跡」

カリブ海に面した 末期都市遺跡

 

  この砂浜に 船を接岸した との説明???

 強風で 手前のヤシの木が 大揺れ

 カリブの 水色

 どこの遺跡でも 至る所にいるイグアナ

 6、70cmクラスは いくらでもいました

 家畜のいなかったメソアメリカでは 貴重なタンパク源

 だったそうです

 

 世界的リゾート カンクン

  カリビアン・ブルー!

 ただただ 見とれます

 

 ホテルのロビーから カリブの海が透けています

 

teatime.gif

 

[トップ ページ][サイトマップ][欧州・アフリカ][アジア][南北アメリカ][日本国内][食べ歩き・泊り歩き][トリビア]

Copyright(c) 2016    Yoichiro Saito. All rights reserved.