マチュピチュ

 

トップ ページ 
グランドキャニオン 
クラシックカー 
クラシックカー 2 
東海岸クルーズ 
イグアス 
キューバ 
ヨセミテ・セコイヤ 
ナスカ 
メキシコ 
クスコ 
マチュピチュ 

 

 

サイトマップ欧州・アフリカアジア南北アメリカ日本国内食べ歩き・泊り歩きトリビア

african_hr_2.gif 

  日 本 人 に 最 も 好 か れ る 遺 跡 と 言 わ れ る マ チ ュ ピ チ ュ

 インカレイル

 

 マチュピチュへ向かう山岳鉄道

 

 全席座席指定で 軽食も配られる観光専用車です。

 同一路線を走る ディーゼル機関車の列車

 出発駅のすぐ脇は

 かなりの傾斜の山並

 出発駅のプレート

 

 

 駅の裏は すぐに小川

 観光列車は 開口部が大きく 天井も一部が

 展望用にガラス張りになっています

 

 

 終着駅

 終着駅には 土産物店が一杯

 

 この店は 民族楽器専門

 

 

 

 マチュピチュは 遺跡保存のため かなり厳重に

 施設への入場者数を 絞っています。

 事前申請していないと トラブルが多発するようです

 遺跡へは 指定されたマイクロバスしか登れません

 バスの終着点から 小雨の中を登り始めました。

 10分程度? 徒歩で登った時点で

 なにやら それらしいものが 見え始めます

 そのコーナーを回ったところで

 

 いきなり 幻想的なマチュピチュが 眼前に現れました。 

 

 

遺跡の中だけでもかなりの高度差がありますが  

遺跡自体が こんなに地表から高いところに

位置していました。

 

  小雨状態となったり 霧にかすんできたり

 山岳独特の 変化の激しい気候です

いたるところに リャマ や アルパカが 

放されています。

 

 

 

 

 ともかく 予想よりはるかに厳しい 断崖絶壁の上に

 立地しています

 

 

 

  インカの食糧を支えた 段々畑を利用しての耕作技術

  雨上がりで いたるところに 霧がたちこめます

 

 

  コンドルの宮殿 十呼ばれる巨岩

 

 一瞬だけ 日が出ると こんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マチュピチュプエブロ駅

 マチュピチュ観光の拠点 で 

 線路の両側に レストラン、土産物店などが密集

 

 

 観光客は 線路脇に並んでいる

 こんな感じのレストランで食事

 

 

 

 

 

 

 

 マチュピチュからの帰り道 偶然 

 こんな虹に遭遇しました。

 綺麗だった!!  大きかった !!

 

teatime.gif

[トップ ページ][サイトマップ][欧州・アフリカ][アジア][南北アメリカ][日本国内][食べ歩き・泊り歩き][トリビア]

Copyright(c) 2016  Yoichiro Saito. All rights reserved.